2016年1月2日土曜日

ネーミングと英語で困った時に頼りにしているもの

コードは英語で書いていますか?

普段からコードは英語で書いている。変数名などを日本語ローマ字で書いたりはしないし、なるべく複数形単数形の使い分けも、それが自然であればやる。とはいってもネイティブじゃないし、たとえ日本語であってもネーミングは難しい。できればうまい人に任せたい。でも現実はそうはいかない。それがましてや英語でとなると、さらに難しくなる。というか基本的に生活にないものを取り入れるのは難しい。。


請求先という日本語英語変換の例


例えば今、ユーザやユーザのグループがあって、それがそれぞれ請求先情報を持てるとして、請求先を英語にするにはどうするかで悩んでいる。billing information、billing address、payment informationなどがあると思う。billing informationだと曖昧で、billing addressだと限定的すぎる気もして、さぁどうしようというところ。こういう時に頭のいいネイティブスピーカーがいると相談できるんだけど...


英語に困ったらcodic


英語が苦手なプログラマー向けにcodicというのがある、みたい。これをメモしたいがためにこの記事を書いているようなものだけど、実はまだ全然つかったことがない。これからお世話になるかも。


さっそく「請求先」で調べたら「request destination」と出た。よくわからないけど、そんな言い方するの?と疑問に思ったので今回はあてにしない方がいいかも。


とはいえ、codicはメソッド名や関数名に使うのは向いていると思う。動詞で始めるのが普通だけど、それがわからない人でもそれなりに良い名前に出会えるんじゃないかと思う。


辞書


Weblioとか英辞郎あたりも参考にするし、Googleで「請求先 英語」と調べもする。やっぱりbilling addressなどが出てくる。


オープンソース


ネーミングに限らず困った時はいつもオープンソースを頼りにしている。お金関係で目にしたことのあるものってあったっけ?と考えたら1つあった。balancedのコントロールパネルらしきものがOSSになっている。それがEmberで作られているので、モデルのディレクトリをざっと眺めてみる。が、ちょっと今回の件にピッタリまっちするものはなさそう。


そういえば、EC-Cubeもあった。ソースコードを見るのは初めてな気がするけど、この辺かな?Entity


DB設計例


他に参考にできるものあるかなーと思ったら、そういえばこんなサイトがあるのを思い出した。



どちらもDB設計の例を集めたサイト。ドンピシャなものは探せなかったけど、英語で困った時は参考になると思う。

余談だけど、SQLで困った時は、SQL Fiddleを使ってやり取りすると効率がいいかも。


終わりに


さて、結局billing addressに落ち着くかなぁ。。。ちょっと凝ったことをやるから、addressだと合わないかもしれない。まぁプロトタイプだし、進めてみて間違ってるかどうか確認するのもありかな。。うーんwww


0 件のコメント: