2012年11月26日月曜日

rvmで共通のgemsetにインストールする方法

rvm gemset use global

pryとか、個別にインストールせずにどのプロジェクトでも使うものをインストールしておくと便利。ちなみにRubyのバージョンが違う場合はバージョン毎にインストールしないといけない。

gem environmentで今どのgemsetを使っているか確認しよう

gem environmentで確認すれば分かるが、globalはrvmが元々もっているグローバル設定のためのgemsetのよう。bundleで大量にgemをインストールする前に、自分が今どのgemsetを使っているのかを把握しておく方が我が身を救いまっせ。

Rails3のrails newでbundle installが走るのを無効にする方法 --skip-bundle

rails new project_name --skip-bundle

--skip-bundleオプションを渡してあげるだけです。rvmでgemsetsを切り替えてから全部インストールしたい時などに使ってます。

bundle install で特定のグループを除外しインストールしない方法

--withoutオプションを使う

bundle install --without production
とすると、以下のgemはインストールされなくなる。
group :production do
  gem 'pg'
  gem 'thin'
end


herokuではPostgreSQLを使っているけど、ローカルはまだSQLite3でいいんだよーという時とか、GitLabをインストールする時に、capybara-webkitなどテストで使うものは省くときなどに使います。

一度実行すると、.bundle/config に設定が書き込まれるので、次回からは省略できます。素晴らしい!

uuidを生成するコマンド uuidgen

uuidgenと打つだけて生成してくれる

何この便利コマンド!

2012年11月17日土曜日

屍鬼の1巻を読んで

まずびっくりしたこと

アニメの冒頭は1巻の最後あたりだったのか!!!

しかし、もう「無駄に」と付けたいほど、村のディテールがあって、想像がついたり、過去の自分の経験を頼りに想像したりして楽しめました。アニメにはなかった大事な要素もあって良かった

そんなことより、びっくりしたこと

実はアニメで2話見逃していたことが判明しました。その中でも清信の作品に関する沙子とのやり取り!!まさに想像していた通りで、納得。んー、やっぱりそういうことかーと思いつつ、2巻を読み進めようと思った次第でした。以上